So-net無料ブログ作成

「オール讀物」2012年8月号 [Book - Horror/SF/Mystery]

 今年はなぜかホラー/怪奇幻想絡みの文芸誌を続けて買っているような。

 別段積読本が切れたわけではなし(手付かずの長編がいくつかあるw)、待っていればそのうちアンソロジーとして文庫化されたりするのだろうから、あえて買う理由も特にないのだけれども。

「オール讀物」2012年8月号(文藝春秋社刊)

 

 総力特集はずばり「怖い」。

  • 短編セレクション「恐怖の報酬」
    死者の季節  恩田陸
    三島屋百物語 まぐる笛  宮部みゆき
    ほたるぶくろ  北村薫
    壜の中
      皆川博子
    通報者  藤田宣永
    心霊現象は飯のタネ  誉田哲也
    ヘッセン人の墓  田中芳樹
    陽気な蝿は二度、蛆を踏む  平山夢明
    黄昏アルバム  朱川湊人
    蛇の道行(陰陽師)  夢枕獏
  • エッセーなど
    みちのく幽霊画探訪
    (グラビア企画) 高橋克彦×松井冬子
    -女が男を殺す理由…-怪談「牡丹灯篭」  奥山景布子
    二十冊のこわい本  角田光代
    「ムー」という不思議大陸  北尾トロ
    怖すぎる「お化け屋敷」の作り方  五味弘文

 などなど。 

 短編セレクション『恐怖の報酬』と銘打って短編が9編、それに加え宮部みゆきの「三島屋百物語」シリーズの新作が収録(夢枕獏のも「陰陽師」シリーズの新作か)。そこに特集に関連したエッセーが5本収録されているのだから、アンソロジーの新刊を買ったと考えるならば、1,000円は決して高くない内容じゃあないかと。

 ある意味で怪談実話系な恩田陸の「死者の季節」、厭世的な老人の秘密を探ると見せかけて、終盤でひっくり返る田中芳樹「ヘッセン人の墓」、この連作シリーズで正調怪物+スプラッタ?ホラーを持ってきた宮部みゆき「まぐる笛」が面白い。誉田哲也「心霊現象は飯のタネ」もシリーズもののようで、調べたらオール讀物で何度か既作があるらしい。超能力+探偵がテーマの軽妙な作品で、まだ書籍化はされていないようだがチェックしてみたい。
 北村薫「ほたるぶくろ」と朱川湊人「黄昏アルバム」は怖いというより不思議な話で、ややジェントル・ゴーストストーリー的な味わいか。平山夢明の作品は、いかにもこの人のフィクション作品らしい殺し屋の話。現代的な"怖さ"でいうならば藤田宣永「通報者」だろうか。正義感とか善意がそのまま通らぬ現代って……。

 角田光代のエッセー「二十冊のこわい本」もなかなか興味深い。ラインナップは省略(BIBIさんのブログ「迷跡日録」7/27の記事を参照されたし)。王道ホラー作品で入っているのはポーの「黒猫」に、S・キングの「シャイニング」「ミザリー」、小泉八雲の「怪談」くらいか。志賀直哉「剃刀」も傑作選などでよく入ってくるか。
 で、ノンフィクションが8作品ほど含まれているのだが、筆者の指摘どおりノンフィクションの怖さというものは、フィクションを読んだ時の快楽、悦楽としての怖さではなく、怖さが得てして読後感に"重さ"や"やりきれなさ"を伴うものだけに、それを愉しむのには程遠いところにあるのだと思う。

 そのうちノンジャンルで、自分なりの「こわい20冊」をあげてみようかな。ポー「黒猫」でホラーデビューwしたところとか、キングの最恐作品が(但し長編では)「シャイニング」なところなどは角田女史と同じだけれど。

 banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

迷跡

こんにちは、拙ブログご訪問ありがとうございます。
小説新潮も怖い特集でしたね。新聞広告しか見ていませんが、そちらにも北村薫さんの名前があって、おやおやと思いました。あと、小池真理子さんも参加されていたので、オール讀物の藤田宣永さんと、雑誌を異にして、夫婦競作(恐作!)だな、なんて考えたりして。
ところで、怖いノンフィクション、鬼畜系が多かったりして、小説でもそっちは苦手なんですよね。
by 迷跡 (2012-08-02 06:39) 

るね

>迷跡さん
コメント&TB受け入れありがとうございました。

小説新潮も怪談特集なのですよね。
ただ、数日前に購入した新潮文庫の新刊が、去年の小説新潮の特集をそのまま文庫化したものとわかったので
「こりゃ来年も文庫で出るかな?」と。

鬼畜系はフィクションなら以前は喜んで?読んでいたのですが、年齢のせいか最近はエグいのがあまり受け付けなくなっていますw
鬼畜なノンフィクションは以前から自分も苦手です・・・
by るね (2012-08-03 00:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。