So-net無料ブログ作成
検索選択

「怖いクラシック」 [Book - Public]

 8つの「恐怖」のキーワードを切り口に、偉大な作曲家とその作品、西洋音楽史を概観する。 

「怖いクラシック中川右介(NHK出版新書刊)

◆内容紹介(カバー見返しより)
クラシック音楽は、いつかららか「癒しの音楽」と喧伝されるようになったが、その王道は「怖い音楽」に他ならない。父、死、神、孤独、戦争、国家権力―。名だたる大音楽家たちは、いかにこれらの「恐怖」と格闘し、稀代の名曲を作り上げてきたのか。モーツァルトからショスタコーヴィチまで、「恐怖」をキーワードに辿る西洋音楽史の二〇〇余年。

 ホラー映画をはじめとした映像作品において、恐怖感を盛り上げる上でのBGMの重要性は今更触れるまでもない。映像ばかりでなく、曲単体でも聴き手に何らかの"怖い"イメージを喚起させ、「怖い」音楽だと思わせるものも、世の中には数多くある。
 あるいは、何らかの恐ろしい、強烈な印象がある曲と結び付いてしまい、曲を聴くたびにその記憶が甦る―ということもある。これはかなり限定的な個人体験に依るのだろうが。

 20数年前、大学の生協辺りで購入したクラシックのコンピレーションCDが手元にある。クラシック曲を様々なテーマ別に揃えたシリ-ズの1枚で、「グレイテスト・ヒッツ1200 死者もよみがえる…?」なるタイトル。「おどろおどろしい曲ばかり選んでしまった肝だめし的アルバム」とのこと。
 バッハ「トッカータとフーガ ニ短調」の管弦楽Ver.に始まり、サン=サーンス「死の舞踏」、ムソルグスキー「はげ山の一夜」、ベルリオーズ「幻想交響曲~断頭台への行進」、リスト「メフィスト・ワルツ」などが収録されているが、殊更おどろおどろしい、「怖い」というわけでもなし(「はげ山の一夜」だけは、ゴヤのこの絵を常にイメージしてしまうが)。

 本書も、書店の店頭で一見した際、そういった曲を採り上げたものかとも思ったが、実際に手に取ってめくってみると、むしろ中野京子女史による「怖い絵」シリーズのクラシック版のような本かと気付く(実際、本書がそのシリーズから着想を得たことを、著者が「まえがき」で述べていた)。 

  • はじめに―美は「恐怖」に宿る
  • 第一の恐怖 父―モーツァルトによる「心地よくない音楽」の誕生
  • 第二の恐怖 自然―ベートーヴェンによる「風景の発見」
  • 第三の恐怖 狂気―ベルリオーズが挑んだ「内面の音楽化」
  • 第四の恐怖 死―ショパンが確立した「死のイメージ」
  • 第五の恐怖 神―ヴェルディが完成した「宗教のコンテンツ化」
  • 第六の恐怖 孤独―ラフマニノフとマーラーの「抽象的な恐怖」
  • 第七の恐怖 戦争―ヴォーン=ウイリアムズの「象徴の音楽」
  • 第八の恐怖 国家権力―ショスタコーヴィチの「隠喩としての音楽」

 モーツァルトで始まり、掉尾を飾るショスタコーヴィチまで、父、自然、狂気、死、神、孤独、戦争、国家権力という8つの「怖い」キーワードを切り口に、偉大な作曲家とその作品群、各々の時代背景を読み解いていく。

 確かに、本書内で採り上げられた曲を見ると、ベルリオーズの「幻想交響曲」を除けば、前述のCDに収録されたような曲はほぼ登場しない。「怖い怖い」といいながらも、ホラー映画の劇伴のようなショッカー的音楽―著者は”インタープンクト”と称している―を紹介しているのではなく、あくまでも作曲家たち中心に、当時の文化風俗も併せて西洋音楽史を概観しているスタンス。さらには、交響曲やオペラ、レクイエムといったジャンル別の略史としてもまとめられている。
 その意味では本書のタイトルは虚仮おどしと見えなくもないが、「クラシック音楽=癒し」という、巷の安直(かつ誤った)な印象を覆す、大作曲家たちが対峙し格闘してきた"恐怖"こそが音楽史を作り上げてきた―という、著者の主張を端的に表す意味では、このタイトルになるのだろう。

 第七、八章で書かれているヴォーン=ウィリアムズや、ショスタコーヴィチの交響曲第5番以外は未聴なので、Youtube辺りでさわりだけ聴いて見ながら、その章を再読してみようか……な。 


 ちなみに、Amazonでの本書のレビューを見てみると、曲そのものが”怖い”と思わせられるようなクラシックのCDもいくつかあるらしい。 収録曲を検索してみると……ちょっと興味あったり、なかったり。 

 

banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。

nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 22

コメント 2

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

背筋がゾクッとしそうですね。。?(^^)

by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2016-06-14 06:58) 

るね

>横 濱男さん
う~ん、ホラーとか怪談的な”ゾクッとする”怖さはないですね。どちらかというと、ズーンと重い、読後考えさせられるような怖さというか。愉快なものではないですが、面白かったですよ。
by るね (2016-06-14 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。