So-net無料ブログ作成
Book - Horror/SF/Mystery ブログトップ
前の5件 | 次の5件

最近読んだ実話怪談本×4冊 [Book - Horror/SF/Mystery]

 気付けばこのところ実話怪談本を濫読気味だったので、印象が薄れる前に4冊分まとめて。
 その手のものは苦手な方はスルーして下さい。ホントにすみません[あせあせ(飛び散る汗)]

「怪談恐山」高田公太著(竹書房文庫刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
あの世にもっとも近い場所、恐山。日本最大の霊場に纏わる戦慄譚を、恐山を知り抜いた青森県出身の著者が渾身の取材で書き下ろす実話怪談集。娘の誕生日に貰った風車、その日から家族の様子が…「いざ、最悪のほうへ」、赤い馬を見ると死ぬ、祟られた一族の顛末…「天馬よ昇れ」、家中が水浸しになる謎の濡れ部屋…「真相究明」ほか、恐山怪談以外にも味わい深い、極限の35話!

 タイトル、それに社員旅行で恐山の禁忌を犯した客が招いた結末「貸し切りバス」が冒頭に来ることで、収録の話がみな恐山絡みか、少なくとも青森県にまつわる話を集めたものかと思いきや、実際はそういうわけでもない。当初はそのような構成にするつもりだったと「あとがき」にはあるが、何篇おきかに恐山絡みの話が挿まれるので、むしろ効果的なのかもしれない。
 印象に残ったのは……

  • 葬式帰り、レストランで酔い潰れ、目を覚ました男がいた意想外な場所「どこと?」
  • 実家の中で時々落ちているもの「誰のものとも知れず」
  • レストラン客の落とし物を拾った翌日から、店長に起こった奇妙な変化「分からん」
  • ある新入社員が配属された風変わりな営業所と、不可解な仕事「新人」
  • ある会社社長の娘の誕生日に送られてきていた”あるもの”……「いざ、最悪のほうへ」など。

  特に「いざ、最悪のほうへ」の何とも言えない怖さは、こういう恐山絡みの怪談を期待していた―といったらバチが当たるだろうか。 

 

「厭魂」つくね乱蔵著(竹書房文庫刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
生きるも地獄、死ぬるも地獄……。
人間の心の闇、業の深さが招く、とんでもなく厭な話、怖い話。見ると祟られる山神様の祭り…「閲覧注意」、死んだ母が迎えに来る…「一晩だけの勇気」、水死体の下にあった砂を持ち帰った男は…「不純な動機」、孤独な新米母にできた初めての親友…「公園友達」ほか、厭系怪談の妙手が聞き集めた、生者と死者が呪い合う凄絶なる実話、全31話!

 読んでみたい気持ちはありながら、書店で見つけても何となく購入が躊躇われていたのだけれども……。タイトル、そして既読の「FKB 怪談五色2 忌式」などで強烈な印象が残ったこの著者の作品イメージそのままに厭な読後感。心霊や不可解な現象よりも、それに関わった生身の人間の、ささやかながら剥き出しの悪意を最後にこちらに放り投げるように提示してくるというか。例えば「我が家」を読むと、知人の善意というものを無条件に信じられなくなるかも。それらの悪意の殆どは、保身や我が身可愛さといった正直な感情から来るものであったり、あるいは長年の憤懣や鬱積の意趣返しの現れだったりするのだが、中には理不尽極まりないもののあるわけで。
 また、よくある実話怪談のパターンで終わるかと思いきや、強烈に厭なオチが待っている話も少なくないので油断ができない

  • 死後もなお飼い主の娘を守っていた忠犬の話……のはずが「そばにいるよ」
  • 蒐集癖のあった祖父のコレクションの中にあったもの「遺品整理」
  • 病死した母親が連れて行こうとする娘二人を守ろうとした夫婦と、その後日談「一晩だけの勇気」
  • 幽霊屋敷として有名な家がその町内に存在し続ける理由「自己責任」
    などはそれに当たる。

 中でも、ラストの「悲願達成」は、正直かすかな吐き気を覚えるほどに厭な話。こればかりは全くの創作であって欲しいと思うのだが……少なくともここに登場するような家族は実際に、しかも世の中にはいくつもあるのかもしれない。

 

「山の霊異記 幻惑の尾根」安曇潤平著(角川文庫刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
冬の閉ざされた山小屋の一室で毎年起きる怪異とその顛末に戦慄する「五号室」、キノコ狩りに夢中になるうちに道に迷った男が寂れたゲレンデ跡で遭遇した恐怖を描く「リフト」、仲睦まじく登山道を歩く母娘に呼びかける父親の声の正体が切ない「呼ぶ声」等、20話を収録。山をこよなく愛し、数々の山に登り続けている著者が訊き集めた話を、臨場感たっぷりに綴る。登山者を異界へと導く、山の霊気に満ちた山岳怪談集。 解説・星野潔

 安曇潤平の山岳実話怪談集。「赤いヤッケの男」「黒い遭難碑」に続く、≪山の霊異記≫シリーズの第3弾。
 面白いことは面白いし、山ならではの怪談として楽しめるのだが、巻を重ねる毎に創作怪談色が増していってるのは気にならないでもないし、各話前半の山行の描写がちと多過ぎて冗長な感もあり。とはいえ、純粋に「怖い話」の続く中に、「不思議だけれどいい話(泣かせる話)」や「ファンタジー色の強い幻想譚」が織り交ぜられて、いい塩梅になっている。
 前者では、理由も何も不明なままだが怖い「五号室」「異臭」「豹変の山」、ダメ押しがズルい「古の道」など。後者なら、山に消えた者の遺された家族への思いを描いた「呼ぶ声」「息子」、亡き先達への畏敬が起こした不思議な邂逅「終焉の山」などか。
 正直、実話怪談として読むならややフィクション色が強いようにも思えるが(幽霊がどれも実体感あり過ぎだろ!とか)、山という異界なら、あるいはそういうこともあるのかもしれない……とも思えてくる。

 実はこれ、単行本で出ている「ヒュッテは夜嗤う 山の霊異記」(幽BOOKS)の文庫化なのだが、なぜ前2冊とは異なりタイトルを変え、しかも角川ホラー文庫でなく、”角川文庫"で出たんだろう?
 その辺りの切り分けが今以てよくわからん。

 

「怖の日常」福澤徹三著(角川ホラー文庫刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
ひとり暮らしの部屋で、深夜パソコンに向かっていると背後から聞こえる奇妙な音…その正体に震撼する「カタカタ」。朝起きるたび、数が増え深くなっていく引っ掻き傷に、じわじわと追いつめられていく「傷」。実在の事故物件をめぐる、不穏なシンクロニシティ。併せて読むと怖さが倍増の「残穢の震源から」「三つの事故物件」等、全62話を収録。日常に潜む忌まわしさと恐怖を端正な筆致で炙り出す、正統派の怪談実話集。

 言うなればここ数年、各出版社から濫造気味な実話怪談集……ではあるのだが、著者既刊の「黒い百物語」や、昨今の竹書房文庫系の怨念とか呪いとか禁忌とか、そういった解り易い(というと語弊があるか)怖さの怪談というよりは、心霊譚とは言い切れないまでも、不可解というか不可思議な体験談の聞き書き集といったところで、小野不由美「鬼談百景」にやや近いテイストかもしれない。一篇辺りがどれも短いということもあるのだが。
 巻末収録の「残穢の震源から」は小野不由美「残穢」のクライマックスに関わってくる内容でもある(なんせその作品に実名で登場するわけだからw)。また「三つの事故物件」は、著者本人の話でもあるのだが……本編よりもこの2篇の方がぞわっとさせられる。 

 さすがに4冊続けて読んだわけではないのだけれど、あまり間を空けずに読むと怖さの感じ方が鈍くなってくるというか、不感症気味になってきそうな気も。
 怪談ジャンキー、なんていうほどじゃないとは思うが、精神的にも少々よろしくないのかも……。

banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。


「見た人の怪談集」 [Book - Horror/SF/Mystery]

 幕末~戦後期の文豪、作家による実話系怪談(風短編)によるアンソロジー。

「見た人の怪談集」著)岡本綺堂他(河出文庫刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
 これが一番こわい怪談だ、をよりすぐった傑作15篇。綺堂の絶品「停車場の少女」、<お前、寒かろう><こんな晩>と見事に紡がれる八雲の「日本海に沿うて」、芥川の最晩年「妙な話」、気持ちの悪い荷風「井戸の水」、女の手首の怨念、大佛次郎「怪談」、最恐!橘外男「蒲団」…実話!あの田中河内介の…… ◎解説=阿部日奈子 

 劈頭を飾る綺堂の「停車場の少女」をはじめ、聞き書き(という体裁)の作品が中心となっており、その点ではタイトル通りなんだろう。
 以前読んだ「文藝怪談実話」「私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選」、あるいは6月に記事をUpした「文豪山怪奇譚―山の怪談名作選」に近い路線かとも思ったが、その3冊とは編者が異なる―というか、此方は編集部の選定によるものか―ので、裏表紙にある概要の通り、怪談の"怖さ"をストレートに愉しめる作品が揃っている。

 どれもこの辺りの作家による怪談アンソロジーではほぼ入ってくるマスターピースぞろいらしいが(Amazonのレビューによると、その点がマニアにとっては物足りないらしいw)、幸い自分は綺堂と、佐藤春夫「化物屋敷」以外は初読だった。
 全15篇。 

  • 停車場の少女  岡本綺堂
  • 日本海に沿うて  小泉八雲(訳=田部隆次)
  • 海異記  泉鏡花
  •   森鴎外
  • 竈の中の顔  田中貢太郎
  • 妙な話  芥川龍之介
  • 井戸の水  永井荷風
  • 大島怪談  平山蘆江
  • 幽霊  正宗白鳥
  • 化物屋敷  佐藤春夫
  • 蒲団  橘外男
  • 怪談  大佛次郎
  • 沼のほとり  豊島与志雄
  • 異説田中河内介  池田彌三郎
  • 沼垂の女  角田喜久雄

 印象に残ったのは……
「兄さん寒かろう」「お前寒かろう」とかばい合いながら凍えていく兄弟がただただ悲しい≪鳥取の布団≫が登場する、小泉八雲「日本海に沿うて」
 禁忌を犯した訳でもないのにこの惨たらしい結末。やはり人間には立ち入るべからざる領域があったということか―田中貢太郎「竈の中の顔」
 芥川龍之介「妙な話」は、舞台や流れは綺堂の「停車場の少女」に似通ったところもあるが、オチの捻りは現在のショートショート的。平山蘆江「大島怪談」は、あらすじよりも、後半の辻褄の合わぬ点に気付くと……。
 豊島与志雄「沼のほとり」は描写から戦中戦後の様子が伺えるが、印象はどこか英米の古典怪奇小説のようでもある。
 そして……橘外男の「蒲団」
 以前から怖いという評判は聞いていたが、読んでみるとやはり怖かった。この作家、猟奇物、エログロな作風を得意としたというだけあって、この不条理なグロさは、確かにな、と。

 因みに表紙の写真は、杉か檜あたりの針葉樹の木立を写した何ということもないモノクロ写真なのだろうが、どことはなしに薄気味悪く見えるのは、本の内容を意識するからなのか。

banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。


「居心地の悪い部屋」 [Book - Horror/SF/Mystery]

「昔から、うっすら不安な気持ちになる小説が好きだった」 訳者による、読後に居心地の悪さを味わう12篇を収録したアンソロジー。

「居心地の悪い部屋」 編訳)岸本佐知子(河出文庫刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
まぶたを縫い合わせた時点で手順を忘れた二人を描くB・エヴンソン「ヘベはジャリを殺す」。二の腕の紋章のようなものの記憶をめぐるA・カヴァン「あざ」。その他、J・C・オーツ、K・カルファスなど短篇の名手たちによる12の物語。妄想、悪夢、恐怖、幻想、不安など、「もう二度と元の世界には帰れないような気がする」(本書「編訳者あとがき」)短篇アンソロジー。 

 後味悪い系、厭な話系を予想していたんだが、いわゆる奇想小説がほとんど。
 収録作では最もホラーよりな「ささやき」とか、読んでいて厭な汗が出てくるサスペンス系の「潜水夫」などもあるが、大半はなんと理解したらいいか、みたいな。収録作品の中に、唯一既読作のあるジョイス・キャロル・オーツのものがあったところから、全体の感じは予想できたことか。

 全12篇と一行感想。 

  • ヘベはジャリを殺す (B・エヴンソン)
    まぶたを縫い終えて始まり、まぶたを縫う描写で終わる二人の男の話。
  • チャメトラ (L・A・ウレア)
    傷口から零れ落ちる夢、ラテンアメリカ風極彩色の悪夢。
  • あざ (A・カヴァン)
    異国で目にした異様な光景で甦る、学友の二の腕のあざの記憶。
  • どう眠った? (P・グレノン)
    建物のように眠る二人の会話。何の隠喩(メタファー)?
  • 父、まばたきもせず (B・エヴンソン)
    病気の娘が、ぬかるみの中に倒れて死んでいるのを見つけた父親は……。
  • 分身 (R・デュコーネイ)
    グロテスクでエロティックな掌編。プラナリアかっ?
  • オリエンテーション (D・オロズコ)
    高度に管理化された組織の戯画化、なんていうのは野暮の極みか。
  • 潜水夫 (L・ロビンソン)
    主人公と野卑な潜水夫のやり取りが不安を誘う、収録作中最もサスペンスフルな一篇。
  • やあ!やってるかい! (J・C・オーツ)
    8ページにわたる全編が一文で書かれている。あぁ、オーツってこういう感じだわ。
  • ささやき (R・ヴクサヴィッチ)
    独り寝の部屋に他人の会話の声が混じる。収録作中最もホラー風味なのがこれだが、最後の一行で……。
  • ケーキ (S・レヴィーン)
    これも現代文学、ってやつなんだろうか。わけわからん、の一言に尽きる。
  • 喜びと哀愁の野球トリビア・クイズ (K・カルファス)
    (架空の)数々のMLB珍記録にまつわるエッセー……の体裁を取った幻想短編。

 

 何れにせよ、自分にとってはあまり好みでなかったというか、なんとも「居心地の悪い」……まさにタイトル通りの読後感になってしまった。
 ハードカバー時代に見つけて文庫化を心待ちにしていたくらい、期待度が大きかっただけに、少々残念、ではある(Webでのレビューではかなり好評なようなものが多いのが、また(-_-;))

 こういうのが好きな人にはたまらない一冊だろうし、編訳者である岸本女史の選定眼にブレがないということも確かだろう―と、フォローにもならない取って付けたような一言を添えておく。

 banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。

「ジグソーマン」 [Book - Horror/SF/Mystery]

 大金と引き換えに「右腕」を売ることを持ちかけられた男の運命を描いた、SFホラー長編。

「ジグソーマン」G・ロロ著(扶桑社ミステリー刊)

◆内容紹介(裏表紙から)
 マイケルは交通事故で妻と息子を亡くして以来、酒におぼれ職を失い、すさんだ路上生活を送っていた。そんな人生に幕を引くべく線路脇に佇んでいた彼の前に、白塗りのリムジンがとまる。現れた男が持ちかけてきた話は驚くべきものだった。
「右腕を一本200万ドルで売らないか?」
 再生医療の権威マーシャル博士が縫合実験用の四肢を求めているというのだ。巨額の誘いに目がくらみ研究所に赴いたマイケルを待ち受ける未曾有の恐怖とは。先読み不能、問答無用の傑作ホラー登場! (解説・風間賢二)

 上記「内容紹介」からもわかるように、この作品はSF作品では定番のマッド・サイエンティストものであり、またフランケンシュタインテーマの変奏ともいえる……そういってしまうと、「ジグソーマン」というタイトルも併せて、ちょっと勘が働く人なら主人公を待つ運命を予見してしまうか。

 ネット上のレビューを見ると、痛い描写、グロさに参るという感想が多い。が、読了した限りでは「そこまで酷いか?」と。
 確かに、主人公マイクたちが見舞われる苛酷な―なんて言葉では生温いほどヒドい―運命、そして人体破壊描写は確かに凄まじいし、マイクらを蹂躙しいたぶりつくす側の狂気ぶり、悪趣味ぶりはまさに「悪役らしい」悪役。
 ……なのだが、何というか物足りない。

 物語はマイクの視点、即ち第一人称の描写で進んでいく。妻と息子の事故死で己を苛み、酒に溺れ続けて全てを失った男にしては、中盤以降精神的、肉体的な苦痛や苦難をこれでもかと次々と味わい(一度は腕を奪われるどころか、※※※と※※のみになってしまうし!)、絶望的な状況にも、精神崩壊や発狂などに至らないマイクの精神がタフ過ぎるというか、どこか冷めているというか。
 それを支えているのが時に憎悪であったり復讐心であったり、あるいは遠く離れてしまった娘を案じる父親の想いだったりするのだが(一人称なので心理描写も多い)、なおさら出来過ぎたキャラ設定のように感じられる。

 悪役側のトップ2人が、狂気や悪趣味を前面に出しながら、それでいて人間的な弱さの側面を垣間見せるのとは、その辺が対照的にも感じられた。悪役ならもっとイカれた動機で狂った研究と凶行を繰り返していいし、悪趣味、変態っぷりももっと暴走したってよかっただろう。マーシャル博士の部下のトップ、嗜虐的な大男ドレイクの嗜好が明らかになる件など、その後も反吐が出そうな描写が続くのかと思ったらそれきりだし(スプラッタ・パンク期の作家/作品はそれを平気な顔してやってたわけで)。
 ま、その辺のところを”変態性”のキャラ要素として扱うのは、今のご時世ではかなり問題あり、ってことだからなんだろうけれども。

 怒りに燃えたマイクが逆襲を開始し、そこからのクライマックスもどこか駆け足気味であっさりしている。中盤から登場、マイクの唯一の味方となる理学療法士の老女ジュニーや、ラスト前に姿を現したマーシャル博士の愛息アンドルーなど、もっと物語に絡ませることで話の奥行きが出来たであろうキャラクターも、その扱いが何とも勿体ない。
 思うにこの著者、きっと真面目な性格なんじゃなかろうか。真面目さ故にハジケきれず、程々のところで終わってしまったようにも思われる、ってのは下種の勘繰りか。
 喩えるなら何というか……具だくさんで見た目は相当にこってりしていそうなのに、いざ食べてみるとスープの味付けや具材、麺の歯応え、香りなど全てがあっさりではなく、今一つ薄いラーメン、という感じ。
 まぁ、もし映画化されたとしたら(計画はされているものの進んでないらしい)、かなりグログロな悪趣味B級スプラッタ・ホラーになること(でもって自分は見ないだろうこと)は、間違いないところだろうが。 

 最終章。
 マイクが己の運命を悟り最後の選択をする段は、そうならざるを得ないだろうということはわかっていたとはいえ、やはり物悲しい。

 扶桑社ミステリーの邦訳作品は、裏表紙に原書(ハードカバー版とかペーパーバック版)の表紙写真が出ているのだが……これ、微妙にネタバレしてるんじゃないかとw 

banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。

「文豪山怪奇譚 山の怪談名作選」 [Book - Horror/SF/Mystery]

 明治~昭和初期の文豪による山の怪談アンソロジー。 

「文豪山怪奇譚 山の怪談名作選」 編)東雅夫(山と渓谷社刊)

◆内容紹介
文豪たちが遺した異世界としての「山」。斯界の雄・東雅夫の選によるかつてないアンソロジー。

われわれ日本人にとって、最も身近な「異界」である山々は、山神や山人、鬼や天狗、狐狸や木精といった魑魅魍魎のふるさとであると同時に、日本の怪談文芸や幻想文学の豊饒なるふるさと、原風景でもある。
近代の文豪から現代の人気作家まで、数多くの作家が、深山幽谷を舞台とする神秘と怪異の物語を手がけてきた。
本書は、山を愛し読書を愛する人々にとって必読の名作佳品を集大成した史上初のアンソロジー企画。
 

  • 収録作品
    千軒岳にて  火野葦平
    山の怪  田中貢太郎
    くろん坊  岡本綺堂
    河原坊  宮沢賢治
    秋葉長光―虚空に嘲るもの 本堂平四郎
    百鬼夜行  菊池寛
    鉄の童子  村山槐多
    鈴鹿峠の雨  平山蘆江
    薬草取  泉鏡花
    魚服記  太宰治
    夢の日記から  中勘助
    山人外伝資料  柳田國男
     編者解説  東雅夫 

 山というものは日本人にとっても身近でなじみ深く、その一方で現代もなお”異界”としての貌も持ち続けている領域であることは、今さら言うまでもない。山歩きとか登山とか、そっち方面のアウトドア的活動にはほとんど縁のない自分ではあるけれども、過去にブログにも書いた安曇潤平氏の「赤いヤッケの男」「黒い遭難碑」などの山岳怪談集で、登山とは薄紙一枚隔てて”死”というものがある―ということを思い知ったわけで(↑はフィクション部分もかなり含まれてはいるようだが)。

 本書はこの手の怪談集やアンソロジーを出しているような出版社でなく、至極まじめな(って、怪談本を出している出版社が不真面目ってことじゃないが)登山等のアウトドア、旅行やスキー等の専門誌、書籍類を刊行している、山と渓谷社から刊行されている。 安曇氏の山岳怪談と同系列とも言える『山怪 山人が語る不思議な話』(田中康弘著)がちょうど1年前に刊行され、評判になったこともあるのだろう。

 で、中身は上記の通り、近代の文豪による”山”を舞台とした怪談奇譚集ということなのだが……。

 山に棲む異形との異種婚譚、凄絶な因果譚ともいえる岡本綺堂「くろん坊」や、峠越えで不可解な男女二人連れにつきまとわれる平山蘆江「鈴鹿峠の雨」などは純粋な怪談としての怖さ。噴火した火山と河童達の様を鮮やかに幻視した「千軒岳にて」(火野葦兵)や、剛胆な猟師が山の妖に翻弄される様を、恐ろしくもどこかとぼけた味わいで描いた、田中貢太郎の掌編「山の怪」、主君の代参を命じられた豪傑の化物退治譚「秋葉長光―虚空に嘲るもの」(本堂平四郎)等もあるが、その他はややファンタジックであったり、これが山の怪談?と首を傾げてしまうようなものも。

 巻末の柳田國男「山人外伝資料」は、山人と呼ばれる存在の説話を柳田が解説と共に紹介したもので、子供向けの昔話や民話に登場する山男、山姥、山童等々が、昔日に逐われて山へ入った前住民の末裔であるという説もなるほどと頷ける(柳田は山人とサンカを区別しているが)。

 開発が進み相当の範囲で拓けたと思われる現在もなお、ある面で"異界"として在り続ける「山」。江戸や明治の時代は、現代からは想像もつかぬほどに別世界であり、不可思議な存在もまた、生命を持って其処に息づいていたのだろう。 

  全体として、この編者らしいアンソロジーだな、という印象だが、別レーベルの文庫として出ていたとしたら、果たして手が伸びていたかどうか……。 

banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。
前の5件 | 次の5件 Book - Horror/SF/Mystery ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。