So-net無料ブログ作成
検索選択
Art & Movie ブログトップ
前の5件 | -

等伯「松林図屏風」再観 [Art & Movie]

 仕事を午前で切り上げ、上野の東京国立博物館へ。

 国宝「松林図屏風」(長谷川等伯)が、この時期だけ特別公開していると昨年知り、この機会を楽しみに待っていたので。

IMG_20160115_153243.jpgIMG_20160115_164704.jpg

 

 

 

 

 

「博物館に初もうで」なるイベントが、東博では新年恒例なのだとか。但し、特別展ではない上冬季の営業時間なので、金曜日といえども17時まで。 上野駅を降りたのが15時半近くなので正味1時間半しか見ることが出来なかったが、お目当てはただ一つなのでそれでも間に合うか、と。

 隣の平成館では昨年10月から特別展「始皇帝と大兵馬俑」が開催されているけれど、今回は時間がないのでパス。

 正面の本館に入り、そのまま2階へ。まずは申年に因んだ新春特集展示「猿の楽園」を観る。リーフレットにフィーチャーされている狩野山雪「猿猴図」をはじめ、種々の猿を描いた絵画、工芸等が並ぶ。
 猿を描いた日本画といえば、やはり等伯の「枯木猿猴図」を思い出すのだが、さすがにこちらにも等伯をもってくるわけにはいかないか。

IMG_20160115_194635.jpg

 

 

 

 

 

 とはいえ、狩野山雪の描いた「猿猴図」もなかなかに愛らしい。

『日本美術の流れ』と銘打った常設展示を眺めつつ、国宝室へ。『長谷川等伯展』で観て以来だから、ほぼ6年ぶりに観る「松林図屏風」。

 特別公開の目玉だけあって、やはりこの部屋は他所よりも人が多い。それでもこの六曲一双の屏風に描かれた情景の前で、誰も一様に口を閉じてしばらく見入っているのは、この画が持つ「濃密なまでの静けさ」からなる、凄味のためだろう。 

 自分もまた、半ば悄然として10分ほど見入っていたかもしれない。6年前に比べ、これを描いた等伯の心境をより近く感じられるかもしれない―とも思ったのだが……。むしろ前回よりも、濃い霧の立ち込めるひやりとした空気、松の枝を揺さぶる風の音、松林の遠く向こう、浜に打ち寄せる冬の日本海の荒々しい波の音……そういったものが感じられなかったのは、これも自分の心の在り方故だったのか。否、観る側の感情や心境を絵に忖度させること、それを期待するようなことは……むしろ傲慢だったかもしれない。

 写真撮影は禁じられていなかったので、スマホや携帯を構えて撮影している人も多くいたが、自分はなぜか―撮ってはいけないように思えたので、撮らずに次の部屋へ。

 あとはざっと駆け足で。

IMG_20160115_155846.jpg

 

 

 

 

 

 小堀遠州作の茶杓「埋火(うずみび)」。

IMG_20160115_160648.jpg

 

 

 

 葛飾北斎「富嶽三十六景」から『神奈川沖浪裏』。
富士山といえば!の『凱風快晴』、それに『山下白雨』との三点が新春特別公開。

IMG_20160115_161832.jpg

 

 

 

 一休宗純書「松峯」。

IMG_20160115_162741.jpg

 

 

 

IMG_20160115_162752.jpg

 

 

 

IMG_20160115_162843.jpg

 

 

 

 上から順に、長次郎の黒楽茶碗、銘「尼寺」
 織部角鉢
 鼠志野鶺鴒(せきれい)文鉢

 などなど。

「松林図屏風」も「猿猴図」も、展示は来週月曜(17日)まで。
 もし来年1月も公開されるなら……再び観に行ってみよう。その時はまた違った感じられ方ができるのかもしれない。 

banner_03.gifにほんブログ村 テニスブログへ ブログランキングに参加しています。

   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「うらめしや~、冥途のみやげ 展」(東京藝大美術館) [Art & Movie]

 厳しい暑さが続く7月末の東京
 高温多湿になればなるほど元気になる、と嘯くほど暑い時季が好きだったのが、この2,3年はやけに暑さがカラダに堪えるようになった。決して年齢のせいだけじゃないと思う、のだが……。

 さて。
 三遊亭円朝(初代)は、幕末~明治に活躍した噺家で、話芸の巧さでは今以て別格とされるほどの名人。円朝はまた、笑いよりも人情噺、そして怪談噺を得意としており、今なお古典怪談の傑作として有名な「牡丹灯籠」  「真景累ヶ淵」などは、円朝が中国の説話や江戸の事件などから想を取り、新作落語の演目としてまとめたもの。

 円朝はまた幽霊画のコレクターでもあり、そのコレクションや遺品が円朝の菩提寺である東京、谷中の全生庵に収められている。そして命日である8月11日を中心に、毎年8月の1か月間はその幽霊画のコレクションが公開されて拝観することが出来る。
 自分も10年以上前に一度観に行ったことがあるが、当時はブログも日記も書いていなかった上、写真も撮っていないのでいつ行ったのかは失念……。

 今年辺り久方ぶりに行ってみようか、と思っていた先月、こんな展覧会が7月下旬から催されることを知った。 

 元々は2011年開催予定だったのが、3月の東日本大震災の影響を鑑みて延期になっていたものだとか。「日本美術史における”うらみ”の表現を辿る」、とはなかなかに凄味のあるものかも?ということで前売券を購入。
 今日、都内に出る所用があったため、その帰りに上野、東京藝術大学大学美術館まで足を伸ばして観に行ってきた。 

IMG_20150728_155753.jpgIMG_20150728_160134.jpg

 

 

 

 

 

 16時前でやや雲は多かったものの、やはり暑い。
 上野公園の日陰で寝入っている人たちがやけに多かったような……。

 東京都美術館の前を抜けて、東京藝大の前へ。門の横に大きくポスターが。

IMG_20150728_164512.jpg

 

 

 

 

 美術館は藝大の正門と道路を挟んで反対側にある。写真右手が入口。上野公園は国立博物館や科学博物館などで何度も来ているけれど、ここはお初。 

 スマホ画面でチケットを提示し、地下2階(!?)の展示室へ。ちょうど16時頃だったが、開館時間が17時までということを知って、やや駆け足気味の鑑賞となってしまった。
 最初に円朝の人となり、それに口座や演芸会の当時のビラなどが展示され、続いて円朝コレクションの幽霊画が広い展示室にぐるり、と。
 当然部屋の照明はやや薄暗く、時折ひゅ~、どろどろどろと何やら効果音らしきものが聴こえてくる(後半の方で講談師、一龍齋貞水による「四谷怪談」の映像が上映されていた)ので、それなりに雰囲気はあるのだが、かつて全生庵のやや狭く古めいた展示室で見た時のような、何とも言い難い感覚はなかったような。あれは寺院の中だったからなのか。

 部屋を移ると、今度は錦絵や近代日本画における”うらみ”の表現の変遷、それを”美”の表現へと昇華させていく流れとなる。応挙や月岡芳年など一部の絵師を除けば、そこに描かれた幽霊はだいぶデフォルメされているようにも見えるが、それ故リアリティがないからこその凄絶さ―怨念、憤怒、恋情や執着といったものが、画の前の空間にで朧ろ気な状態で固まっている―ような気すらしてくる。
 いやはや。

 閉館まで時間があったので、ミュージアムショップで色々と見ていると、ちら、と視界の脇を白い着物が横切るのが見えた。

IMG_20150728_164423.jpg

 

 

 

 

 

 公式サイトのツィートに「ある時間になると幽霊店員が出没」とあったので、お、この幽霊さんか、と。写真をお願いしたら気さくに(でも顔は作った表情を崩さずにw)ポーズをとってくれました。でもなーんか……あの、日本を代表する超有名ホラークィーン風なのですよねぇ。

IMG_20150728_164823.jpg

 

 

 

 

 帰り道で気付いた、東京都美術館正門の近くにあった現代アートの作品。
 ちゃんとしたテーマをもったアートらしいけれど、ああいう展覧会を観た後だけに、一瞬「ここは賽の河原か!?石は目に見えない子供たちが積んでるのか?」などと妙な想像が頭をよぎったりして。

 アメ横を眺めながら通り抜け、御徒町駅へ。
 東京駅で降り、八重洲ブックセンターなどに立ち寄って帰宅。

IMG_20150728_202638.jpg

 

 

 

 

 今回はなぜか図録を買うことに気が引けて、いつも通りのクリアファイル、一筆箋(但し今回の展覧会のものでなく)、それに一口饅頭などを買ってみた。
 クリアファイルも買ったはいいが、絵柄的に仕事の場では使い辛かったかも。重なってる下から取ったつもりなのに、表面も何となく汚れているしなぁ……。

 展覧会は9/13(日)まで(月曜休館)。8月には講演会や円朝忌の法要、能楽講演などがあるそうなので、興味のある方は公式サイトの「イベント」ページを参照されたし。

 なお、ポスターや公式サイトで大きくフィーチャーしている上村松園『焔』は、9/1から13日までの限定公開とのこと。 

banner_03.gifにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。
nice!(28)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「マグリット展」(国立新美術館) [Art & Movie]

 前回の更新からほぼ2カ月。ご無沙汰しておりました。

 サボり癖が一度ついてしまうと、以前ならすぐ書いたであろうネタでも「ま、いっか」とスルーしてしまうようになり、気付けば更新どころか自分のブログすら覗かなくなって放置状態が続く有様。テニスネタは変わり映えなく、読書のペースもガタ落ちになっているからではありますが、一番にはタイトルの「閑中忙有」とはいえない今日この頃になっているという……。

 とりあえず、まだこのブログを辞めるつもりはありませんが(-_-;)


 さて。
 今日は国立新美術館で3/25から開催されている「マグリット展」へ。 昨秋にこの展覧会のことを知ってから心待ちにしており、前売券(図録引換券付)も早々に購入していたのだけれど、何やかやと都合がつかず「開催期間の終盤になって混む前に……」と、ようやく足を運ぶことができた。

 自分のHNにこの画家のファーストネームを借用(もう一人の著名な芸術家、そして往年の名テニス選手の名でもあるが)しているほど、昔からマグリットの絵画を好んでいる。日本で開かれたマグリット展には過去3度観に行っているが、前回('02年)からすでに13年が経っているわけで、その間にも各種のテーマ別?な展覧会(これとかこれとか)で、マグリットの作品を直に鑑賞することはできていたのだけれども、”大回顧展”、しかもこれまでで最大の規模ということで、期待はいやが上にも膨らむもので。

IMG_20150528_152041.jpg

 前回(「シュルレアリスム展」)で国立新美術館に来た際には、都営大江戸線を使って六本木駅から歩いたが、今回は東京メトロの乃木坂駅を使う。駅出口から美術館入口に直結しているので、天候の悪い日は便利だろうなと。個人的に千代田線への乗り換えがちと面倒、ってのはありますが[あせあせ(飛び散る汗)]

 平日の15時過ぎにもかかわらず、当日券売り場にはけっこう人が並んでいた。と、これは6/1まで開催している「ル-ヴル美術館展」人気もあるのかもしれない、が(こちらは1階の展示室)。 

 入場し、1歩入ったところで思い返して音声ガイド(¥550)を借りることにする。以前はヘッドホン越しにごちゃごちゃ聞かされるより黙って見ていたいと思って借りることもなかったんだが、昨秋の国宝展で初めて借りてみたところ、案外にわかりやすかったので。ま、最たる理由は、画家が好んだというE・サティの曲が、語りのBGMに使われていたため。

 実のところ使われていたのはほんの一部だけれど、マグリットの絵画とサティの曲は親和性がある、と昔から勝手に、何となくそう感じていたんだが、画家自身が好んだというなら、宣なるかな。 

 画家やその他芸術家の回顧展となると、時系列順に作品が展示されて、その画家の画風や色調、思想や心境の変遷を追うというのが通常だろう(暮れに観に行ったデ・キリコ展もそうだった)。
 今回もそのパターンであって、自分もマグリットの変遷については大まかには知っているつもりだった。キリコの「愛の歌」に衝撃を受け、シュルレアリスムに傾倒しパリに出るものの、その後(シュルレアリスムの親玉ともいうべき)ブルトンと意見の相違から袂を別ったこと等々……が、第二次大戦中~戦後の「陽光に満ちたシュルレアリスム」と、その後の「雌牛の時代」については、その深い経緯をこれまで知らず、「炎の帰還」や「快楽」、「不思議の国のアリス」等に見られる―それまでの画風とは似つかない―印象派的なタッチが、時系列的にやや「?」だったので、今回は長年のささやかな疑問がやっと解けた。

 展示の終盤に飾られていたのが、マグリットといえばこの絵ともいえる「大家族」
 中学の美術の教科書に載っていたこの絵を見て以来、最も好きな画家がマグリットになっている。本物を初めて見たのは1988年、国立近代美術館でのマグリット展だった。
 27年前のあの時と同じ絵を、同じように一人で見ている……のに、心の中に浮かんでくるのは感動より、四半世紀前には想像してもいなかった今の自身に、ふぅ、と漏れる嘆息。

 こんな今の自分を 重ねてみれば
 変わりすぎたすべてに涙流れる

  ~「ためらわない、迷わない」

 小田和正の曲の1フレーズがふと思い出されてきた。

 ……それでも、この画のように―自分の眼に映る曇り空にも、それを切り取るような晴れ間が見えてくると思いたいけれど。 

 特設ショップで、前売券に付いていた引換券で図録を受け取り(前売券+図録予約券でかなりお得だった)、自分用に少し買い物をして会場を出る。かれこれ2時間半ほどだった。
 渋谷の丸善ジュンク堂で本を購入する。ウィンザーあたりを覗いていこうかとも思ったが、脚が疲れ気味なので、そのまま帰宅。

IMG_20150528_222457.jpg

 展覧会へ行くとクリアファイルを自分用に購入する。今回も大小(A4とA5)を買ったが、この2点(「光の帝国」と「ピレネーの城」)は今回は展示されていないというw(「光の帝国Ⅱ」が展示)。好きな作品のポストカードはあらかた持っているので、確か持っていないはずの、この2枚(「会話術」と「野の鍵」)。

 図録は¥2,800(会期期間中) するだけあって、ハードカバーのかなり上質な様式。

 

IMG_20150528_223039.jpg

 マグリット展に行くのは、今回が4回目。

 最初は前述の通り、'88年の国立近代美術館で(写真一番左の図録)。
 次が'95年、三越美術館(三越の新宿南館8Fにあったが'99年閉館、現在はビックロになっている建物)にて(真ん中の図録、下は当時のリーフレット)。 
 そして前回、’02年に渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムでの開催(図録、リーフレットは一番右)。

 4回もあれば展示(図録に載っている)作品のほとんどは共通しているものだけれど、改めて読み比べてみると、同一作品の解説でも色々と違いがあったりすることもあって、なかなか興味深い。

IMG_20150528_223150.jpg

 

 

 

 

 

 図録の厚さの比較(左から右へ時代順に)。

 心の何処かで期待していたような感動―というか、感情を揺さぶられるようなことは特になかったのだけれど、それでも、観に行ってよかったなぁ、とは思えるものだった。

 薄青い空に白い雲がぽつぽつと浮かんでいるのを見たら「あ、マグリットの空だな」と、これからも思うのだろう。 

 banner_03.gifにほんブログ村 テニスブログへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デ・キリコ展@汐留 [Art & Movie]

 今週火曜のこと。

 夕方から恵比寿で友人と会う約束があったが、この日は午後から予定なしだったため、汐留のパナソニック汐留ミュージアムで開催中の「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰-」展に足を運ぶ。

 ジョルジョ・デ・キリコとは→ジョルジョ・デ・キリコ【Wikipedia】

 デ・キリコというと、20世紀初頭から'70年代まで長く活躍し、初期の頃の「形而上絵画」がシュルレアリスムの画家に多大な影響を与えたこと(マグリットもその一人)などはよく知られているけれど、知名度や活動期間が長い割にはごく一部の作品ばかりが有名なようでもあり、画家単体の展覧会が催され、数多くの作品が紹介される機会は―日本ではあまり多くないかもしれない。

IMG_20141209_164641.jpg

JR新橋駅で降り、烏森口からスマホにDLしたアクセスマップに従って歩いていく。
新橋駅で降りるのも何年ぶりかの話だが、汐留方面の開発が進んでだいぶ変わったような。

エスカレーターでビル4Fへ。正面に←の看板がお出迎え。

 

 中は時系列順に作品が陳列され、サブタイトル通りこの孤高の画家の変遷と回帰の足跡がよくわかるようになっている。

 今回の展覧会は、2番目の妻で画家に最期まで付き添っていたイザベッラ夫人の所蔵品が中心となっており、本邦初公開のものも多数あるらしい。とはいえ「街の憂愁と神秘」や、マグリットが感銘を受け涙を流したともいう「愛の歌」など、彼の作品でつとに有名なものが出展されていなかったのは、少々残念でもある。 

 図録は今回も購入せず、ミュージアムショップにも目ぼしいものがなかったので、ポストカード数点他を購入。

IMG_20141209_172041.jpg

 

 

 

 
 パナソニックビルの1階ではこんなイルミネーションが。そういう季節ですねぇ。

 その後恵比寿へ向かい、友人Kさんからあるブツと沖縄土産を受け取る。
 友人オススメ恵比寿横丁の京風おでん屋さんで軽く呑む(翌日が朝早い+長距離運転の予定だったので)。

食いかけのキタない写真でスミマセン……

 

 

 

 
 京風というだけあって、あっさりと昆布の味が効いたダシ。店構えが屋台風なのが何ともいい雰囲気。火曜日だというのにどの店も早くから盛況で、Kさん曰く「金曜日に来たら相当混んでて入れなかった」とのこと。

 おでんの他、手前のハルピンキャベツがなかなか旨し。ごま油が効いたちょいピリ辛の味がビールによく合うんだけれど、何処がどうハルピンなのか、イマイチわからずw

 この恵比寿横丁、その他にも惹かれるお店はあったのだけれど、呑むためだけに恵比寿までわざわざ出張るのはちょっ~とキビしいw

IMG_20141209_220758.jpg

 

 

 


 今日の戦利品?は、デ・キリコ展のリーフレットに作品目録、ポストカード×3と、マグリット風の栞。 

 本日(12日)、BS日テレで20:00から放映の「ぶらぶら美術・博物館」で、この展覧会を採り上げていた。会期は今月26日(金)までなので、これを見てから観に行ってもよかったかなぁ、と。 

banner_03.gifにほんブログ村 テニスブログへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。
nice!(16)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「日本国宝展」 [Art & Movie]

 今月の21日、東京国立博物館(平成館)で開催されている、日本国宝展を観に行ってきた。
 国宝展は平成になってから3度目(2年、12年に続く)だそうで、その2回で120万人を動員したのだとか。

 4月の「栄西と建仁寺展」以来の国博。
 13時半過ぎに現地着。金曜日とはいえ、平日の午後だし会期もまだ残っているから、そう混んじゃあいないだろう……という目算は、あっさり外される...…。入場規制中で、入館まで40分待ち、とか。

 ということで、本館で開催していた「東アジアの華 陶磁名品展」を覗いていく。日中韓の国立博物館の合同企画ということだったが、1部屋だけで規模も小さく、展示品も少なめ。仁清の「色絵月梅図茶壺」(重文)があったけれど、仁清は国宝「色絵藤花図茶壺」の記憶が鮮烈だからか、それに比べるとやや……。長次郎の黒楽茶碗「ムキ栗」 が見られたのは嬉しかったけれど。 

本館前。右下は公式マスコットの「トーハクくん(左)」「ユリノキちゃん(右)」

平成館に向かう道。既に行列が……

この行列では一服しに抜けることもできず……

 

 

 

 

 

 

 

 時間をずらしたものの、やはり40分待ちは変わらず。前日までの冷たい雨から一転、この日は陽射しの暖かい陽気だったのが救い。

IMG_20141121_144501.jpg

 

 

 

 

 

 本館と平成館の間から、東京スカイツリーがくっきり見えることも、今回初めて知った。

 予告通り、並んでから40分弱でやっと中へ。
 当然のように中も混雑混雑……日頃、こういう展覧会の類は、平日のそれもなるべく混まない日を見計らって来るようにしているので、こういう混雑はかなり堪える。
 今回のテーマが『祈り、信じる力』ということで、日本人の信仰心から由来する文化的遺産が展示されているということも、やや自分にはピンと来なかったのかも。
 大まかな内容をBS日テレの番組で見てしまったということもあるか。

 せめて長谷川等伯「松に秋草図」が見られていたらと思ったのだけれど、展示は11/9までだったので見ることは叶わず。 

 昔から教科書ではお馴染みの「金印」実物。今回初めて見たが、こんなに小さかったのか、とちょっと驚き。鏡を使って、印面の方も見られるようになっていた。
 フロア中央に展示してあるので、それを見るためにここだけまた行列がぐるぐるとできる始末(展示は今日11/30まで)。

IMG_20141121_163547.jpg

 

 

 

 

 一昨日(11/28)で、来場者30万人を突破したのだとか。
 会期は1週間後の12/7(日)まで。明日は休館で、3日から最終日までは開館時間を20時まで延長するとのこと。

banner_03.gifにほんブログ村 テニスブログへ ブログランキングに参加しています。
   ↑よろしければ ↑1クリック お願いいたします。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - Art & Movie ブログトップ